KENNA GYM

筋肉をつけるためトレーニング・食事・睡眠よりも大切なこと!

LINEで送る
Pocket

筋肉をつけるためにトレーニング・食事・睡眠よりも大切なこと

加算要因ばかり語られがち

「筋肉をつけるために何が大切ですか?」

老若男女問わず、筋肉をつけたい人にとっては気になる質問ですよね。

そして、少しでも知識がある人は【トレーニング】【食事】【睡眠】この3つを回答すると思います。

ちなみに、私もこれについては異論ありませんし、自身で体感しているので人体実験もクリアしているエビデンスのある回答ですね。

ですが、本当はもっと大切なものがあるとご存知でしょうか?

今日はなかなか語られない、トレーニング、食事、睡眠よりもはるかに大切なことについて記事にいたします。

 

加算する考えから離れる

先にも書きました【トレーニング】【食事】【睡眠】は筋肉をつける際の重要な加算要因です。

つまり、筋肉をつけるためにはトレーニングの質を高め、食事の質を高め、睡眠の時間と質を高めることで、それらを高めなかった場合と比較して筋肉が成長するということになります。

だから、これらが最も大切と言われがちなのです。でも、本当にそうでしょうか?

じゃあ、もしあなたが大病を患って、トレーニングが出来ない、食事は病院の入院食、また病気への不安で不眠症になってしまったらどうでしょうか?

おそらく、今まで頑張ってつけた筋肉はみるみる落ちていき、ストレスでコルチゾールが分泌され更に筋肉の分解は進みます。また、十分な睡眠もとれていないので体力も回復できずに、疲れだけが蓄積されていく…こんな状態になってしまう可能性は誰にだってあるのです。

つまり、トレーニング・食事・睡眠の加算要因の前に大前提である、健康管理が出来ていなければ加算要因など無意味に過ぎないのです。

 

体調管理について考える

ここまで読んで、何言ってんだ、当たり前のこと言いやがってと思う方もいるかもしれません。

でもそれは、あなたが大病を患わずに今まで生きてこれたからじゃないでしょうか。

おそらく、過去に大病を患ったり、体調管理を疎かにして普段の生活も難しい状態に陥った人は、この重要性が痛いほどわかるからです。

残念ながら体調管理だけしていても筋肉は成長しません。

でも、それは当たり前ですよね。体調管理は加算要因ではないのですから。体調を崩すことで筋肉が落ちることはありますが、それをパーフェクトにやっても筋肉をつけられるものではない。言うなれば減算要因なのです。

体調管理という大前提が出来たうえで、トレーニング・食事・睡眠の質を高めて初めて筋肉を成長させられるのです。

 

体調管理とは予防

とは言え、体調管理って難しいですよね。

今、健康なら「体調管理できている」という錯覚に陥ってしまうからです。

自分では健康と思っていても、本当はそうでは無い可能性もあります。

おすすめは、「何事も無理しない」ことと「定期的に健診を受診すること」です。

無理してしまうと、急激な体調変化が身体に表れる場合があります。徐々に身体からサインが発せられる不調と、たまって一気にドバっと身体に表れる不調があるので、とにかく無理せず、予防的な管理が必要です。

また、健康診断は職場や学校で定期的に義務付けられて受診する人も多いと思いますが、そうでない人も毎年最低でも1回は受診しましょう。どんな病気でも早期診断と早期治療が重症化を防ぐ最大の一手になります。

体調管理を徹底するためには、予知予測と予防といった考えがとても重要になります。

この記事を読んだ方は、ぜひ加算要因のトレーニング・食事・睡眠と同等かそれ以上に体調管理も意識されることを強くオススメいたします!

ご予約の方へ

ご予約の方へ

初心者~上級者まで月額10,000円で毎週通えるパーソナルジムです。IFBB PRO(国際ボディビル連盟のプロ選手)のボディビルダーを目指し、資格を得る大会で3位に入賞したトレーナーが、肉体改造・ダイエットのサポートを致します。

この記事を書いた人

中島謙太

神戸元町の「KENNA GYM」代表兼パーソナルトレーナー。ボディコンテストにおいて、様々な優勝・入賞歴あり。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

正しい運動と食事で男女問わず、理想の身体づくりのお手伝いをいたします!

まずは体験から まずは体験から arrow_right
PAGE TOP