KENNA GYM

グルテンフリーとボディメイク

LINEで送る
Pocket

グルテンフリーとは

よく耳にする機会も多い「グルテンフリー」という言葉。

言葉の意味をあなたは説明できますか?

 

グルテンとは、小麦粉に水を加えることでグルテニンとグリアジンという2種類のたんぱく質が結合して出来るものです。

グルテンは粘弾性があって網目構造のため、パンやパスタなどに小麦粉が加工できるわけです。

 

このグルテンを含まない食品を「グルテンフリー」と言います。

イメージとしては小麦粉を含まない食べ物というとざっくりイメージできるかもしれません。

 

なぜグルテンフリーなのか?

そもそもグルテンフリーとはセリアック病と言って、グルテンを摂取することで自己免疫が身体の細胞を攻撃してしまう疾患患者のための食事法として存在したものです。

食品アレルギーで小麦粉が食べれない人も、グルテンフリーの食事が推奨されるでしょう。

このように、やむを得ずグルテンフリーの食事を実践しないとならない人を除いて、そうでない人達の間でグルテンフリーが浸透したのは何故でしょうか。

 

一説には、プロテニスプレーヤーのジョコビッチがグルテンフリーの食事を実践して、調子が上がったという旨の著書を出したことが要因とも言われています。

 

何やら、上記のセリアック病や小麦アレルギー以外でもグルテン不耐の人が世の中には少なからずいて、その人たちがグルテンフリーの食事を実践すると、肌艶が良くなり胃腸も整い、疲労感も少なくなって調子が良くなるのだとか。ジョコビッチもこういったグルテン不耐だったのかもしれません。

 

暴走するグルテンフリー

ここまで聞くと、なるほど体質的にグルテンが合わない人はグルテンフリーにする価値があるのね。と納得できますが、そもそもそんな母数が多そうにないグルテン不耐だけをターゲットにしていたらグルテンフリーはここまで浸透していないですよね。

 

やはり、このグルテンフリーをビジネスチャンスと捉えた企業が次々と「グルテンフリーこそ正義」と言わんばかりに普及させていった訳ですね。

 

そういった企業は、もちろん小麦粉製品と競合する食品を製造している企業。日本だと同じ炭水化物なら米がありますが、米粉などの製品を製造している企業はこのブームに乗って、「グルテンフリーこそ正義、小麦粉なんて体に悪い」なんて言って、自社製品の売り上げアップを画策した訳です。

 

つまり、こういうのはイメージ戦略で「グルテンフリーは健康や美容に良い」みたいにすると、情弱な消費者が飛びつく。

そして、現在はこの企業戦略通りにグルテンフリーが暴走した状態だと個人的には思います。

だって、世の中の大半の人はグルテンを摂取しても身体に不具合は起きないのですから。

それを、企業戦略に踊らされて摂取を制限するのは馬鹿げた話ですよね。

 

グルテンフリーとボディメイク

こういった健康そうなワードの一つとして「グルテンフリー」が浸透してしまったので、ボディメイクする際にグルテンフリーにした方が良いですか?との質問を受けることがあります。

 

ここまでの記事を読まれた方なら分かると思いますが、セリアック病や小麦アレルギー、グルテン不耐が無いのならグルテンフリーにするメリットは皆無です。

更に言うなら、グルテンフリーにすることでボディメイクへのプラスの効果も皆無です。

むしろ、白米よりはパスタの方がGI値が低いのでボディメイク的にはオススメです。

 

こういった間違った知識が言葉のイメージだけで浸透していくのは、悲しいですね。

もう少し、何かを疑問に思ったりその回答を自分で調べる習慣があれば、こういった事にはならないのにと常々思います。

この記事を書いた人

中島謙太

神戸元町の「KENNA GYM」代表兼パーソナルトレーナー。ボディコンテストにおいて、様々な優勝・入賞歴あり。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

正しい運動と食事で男女問わず、理想の身体づくりのお手伝いをいたします!

まずは体験から まずは体験から arrow_right
PAGE TOP