KENNA GYM

ダイエットをすると【物欲】が高まる?

LINEで送る
Pocket

ダイエットによる物欲の爆発について解説します

減量期の大敵?物欲

皆様は減量が進む中で、物欲が高まり、いろいろと買い物をしてしまった経験はありますか?

そして減量が終わってから十分に食欲が満たされて気づきます「なんでこんな必要ないものをいっぱい買ってしまったんだろう」と。

 

自分はコンテストのために減量を毎年何度かやります(1度の減量期は3~4か月程度)。

それを6年くらい繰り返した中で、ふと気づいたこと。それが食欲を抑えることで爆発的に物欲が増すという事です。

 

最初は、自分だけに特異的に出ている事象かとも思いましたが、同じコンテスト仲間と話していて同様の物欲に悩まされている人は多くいることを知りました。

またインターネットで「ダイエット 物欲」と検索すると多くの記事がヒットすることからも、この食欲を抑えると物欲が高まる現象は間違いなさそうです。

 

物欲を抑える方法はあるのか?

さて、この現象について海外の論文を検索したのですが、うまく見つけることが出来ませんでした。

なので、具体的な臨床試験やメカニズムの解析については不明となります。

 

しかし、食欲を抑えることで物欲が高まるのも考えると分かるような気がします。

 

ここからは、私の仮説なので読み飛ばしていただいても構いません。

 

 

1.減量により消費カロリーよりも摂取カロリーが少なくなる

2.脳は消費カロリー分を補うように食欲という指令を出して食事を摂取するように促す。

3.しかし減量期のため食欲があっても食べないで我慢する

4.脳は食べない状態を危険と判断して、備蓄でも良いので食物を入手するように指令を出す

 

4はかなり仮説です 笑

ただ、このメカニズムから物欲が高まっている可能性もあるのでは無いかと考えています。

まだ食べ物も少なかった狩猟生活の時代などは、自身の生命活動を維持するために現在食事が出来なくても、欲求として食物を確保するように指令を出すことが人間が生き残る上では必要だったのでは無いかと想像しています。

 

では、現在では何故食欲を我慢すると物欲が増しているのか。

上記の仮説のままであれば、備蓄食を大量に購入して保存するという行動に結びつくように感じますよね。

ただ、現在は狩猟生活をしていた時代とは異なり、いつでも簡単に食物は入手することが出来ます

 

食欲が満たされないからと言って、備蓄して保存しておく必要がまったく無い環境に変わってしまった訳ですね。

その結果、脳が欲求を代替して食物以外の物を欲するように、欲求の矛先が脳内変換されているのかもしれません。

 

私の対応策

さて、勝手なメカニズムの想像をしたところですが、現実的にこの物欲とどう向き合っていくのかが重要になります。

私も幾度となくこの経験をしてきたので、いろいろと試してみましたが決定的な解決策は発見できていません。

 

ふさげるなよと思われた方もいるかもしれませんが、本当に食欲を抑える事にいっぱいいっぱいで、その物欲まで抑えるエネルギーが無いのです。減量中の精神状態は通常時の精神状態と異なるので、物欲抑制がなかなか難しいということは、経験された方なら分かっていただけるかと思います。

 

では、何もせずに何でも買いまくるのか?

答えはNOです。

ここで、私が見つけた良い対策があるので記載いたします。

 

その対策とは、欲しいものを買ってしまうのです。

「え?なんの対策でも無いじゃん」

と思いますよね。そうでは無いのです。

 

この頃の物欲は購入し、所有することで満足します。

自分の場合、服や靴が好きなのでそれらが欲しくなります。

そして、物欲が襲ってきたら、それらを購入すれば良いのです。

 

ただし、大切なことは減量期が終わった時期を見越すことなのです。

「どういうこと?」

って思いますよね。つまり、減量期が終わってから購入したものは全て販売してまた現金に戻せば良いのです。

なので、私は購入する時もリセール時に価値が下落しないもの。逆に高く売れそうなものを購入するようにしています。

そして、購入することで物欲が満たされるので、その購入した物は眺める程度で使用せずに保存しておくのです。

 

これで、新品未使用のリセールが可能になります。

この方法、手間はかかりますがそこまで損することは無く、この物欲上昇問題と向き合えるようになりました。

 

あくまで個人的な対応策ですが 笑

それでも、この物欲を一度ちゃんと満たしてあげることも減量を達成させるためには重要なように思います。

物欲を満たしているうちは、本来の問題である食欲が不思議と我慢できているからです。

 

万人にオススメできる方法では無いですが、物欲のベクトルがリセールして価値が下がらない物の方は、

ぜひ試してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人

中島謙太

神戸元町の「KENNA GYM」代表兼パーソナルトレーナー。ボディコンテストにおいて、様々な優勝・入賞歴あり。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

正しい運動と食事で男女問わず、理想の身体づくりのお手伝いをいたします!

まずは体験から まずは体験から arrow_right
PAGE TOP